儀式」タグアーカイブ

パワーストーンが効果を発揮する条件

パワーストーンが効果を発揮
するには、

 

まず、挨拶のプログラミングを
します。

パワーストーンで作られた
ブレスなどに自分の

 

パートナーとなって頂く
儀式的挨拶です。

 

この挨拶のプログラミング
をすることで

 

パワーストーンと自分の間に
エネルギーの道筋ができます。

 

 

その挨拶のやり方なのですが

 

 

パワーストーンブレスなどを
・さざれを敷いた上に置く
・ハンカチの上に置く

 

 

など、相手がモノではなく
大切なパートナーとして
自分は大事に扱っている

 

 

という、
気持ちの現れとして儀式の間、

 

 

何かの上に置いてあげたりと

 

 

まずはパワーストーンへの
気持ちが大切なのですね。

 

 

(気持ちさえあれば両手の上
に置いてプログラミングして
もかまわないのです。)

 

 

そして、挨拶の文言を言い、
挨拶のプログラミングが
終えると

 

 

パワーストーンと身近に
過ごし、

 

 

日頃から願い事が成就する
為の努力をします。

 

 

そうすると
日々のプログラミングの
積み重ねが始まります。

 

 

 

日々のプログラミングに
大切なのは

 

 

 

願い事成就の為に行動する
事です。

 

 

 

素晴らしい効果の石であって

 

 

努力ができてなかったり、

 

 

他力本願であったり、

 

 

 

想いが続かないなどであると

 

 

 

石の力×人の努力なので
10×0=0、4×0=0、

 

 

と努力なしでは石の効果も
0になってしまいます。

 

 

プログラミングは挨拶の
道筋をつけ

 

 

日頃のプログラミングで
サポート力の強化をしていく
ことが

 

 

パワーストーンが願い事の
サポートができる条件です。